昆虫

2018年10月10日 (水)

アサギマダラ

アサギマダラ

自宅近くの空地のセイタカアワダチソウにアサギマダラが来ていた。1,000キロ以上の渡りの途中に立ち寄ったのだろう、この地域ではこの時期に偶然に近い頻度しか見られないチョウ。

2018年10月 6日 (土)

ホシホウジャク

このところコスモスの花に早朝(日が射し込む頃)やってくるのはホシホウジャク。長い口吻でせわしなく吸密し、花から花へと飛び回る。
ホバリングしながら吸蜜するのでハチドリと勘違いされることもあるとか。

1dsc_1016

撮影は動きが速いので、連写で撮って良い写りものを選ぶしかない。

2018年10月 1日 (月)

おんぶバッタ

水田に、おんぶバッタを孫が見つけ「赤ちゃんをおんぶしている」と言った。「そうだね、かわいいね」と返事をした。
しかし、このおんぶバッタはコバネイナゴの交尾中で、小さい方がオス、大きい方がメス。つまり、お母さんにおんぶされているのはお父さんである。

1_20181001_165149_20181001_191217

動物界ではよくあることであるが、子供には説明が難しい。

2018年5月24日 (木)

クモの巣と水滴

昨日の雨で、今朝の庭は水滴でキラキラしていた。シトシト雨だったこともあり、クモの巣にはびっしりと水滴がついていました。

1dsc_9014001

咲き始めたサツキの花の上のクモの巣は、多くの水滴を付け下の花を写しこんでいました。

1dsc_9009

小さなクモの巣にも水滴がいっぱいつき、まるで首飾りのようです。

2018年5月 3日 (木)

クロアゲハ

満開を迎えたツツジ(園芸種)にクロアゲハがやってきた。我が家の裏庭では初見です。

1dsc_1906

吸蜜中のクロアゲハを真後ろから撮ったもの。

1dsc_1926

春と夏の2回見られる。